カスタマイズをしながら、ブログ運営の感を取り戻しています。

この和菓子を何と言う?【表面が白く、中にあんこ】

スポンサーリンク
この記事は約1分で読めます。

IMG_4540

選択肢
きんつばきんとん
らくがんげっぺい
答え:きんつば

きんつば(金鍔)は、金鍔焼きの略称で、和菓子のひとつである。

新潟県や福島県、静岡県、千葉県の一部では今川焼(大判焼)のことを“きんつば”というところもある。

小麦粉を水でこねて薄く伸ばした生地で餡を包み、円く平らな円盤型に形を整え、油を引いた平鍋で両面と側面を焼いたものである。

角型(直方体状)をしている「角きんつば」は明治時代に考案されたもので、寒天を用いて粒餡を四角く固めたものの各面に、小麦粉を水でゆるく溶いた生地を付けながら、熱した銅板上で一面ずつ焼いてつくる。

サツマイモでつくった芋餡を包んだもの、もしくは、四角く切った「芋ようかん」の各面に生地を付けて焼いたものは「薩摩きんつば」「芋きんつば」と呼ばれるものになる。

wikipediaより引用

こしあんのきんつばがあったら食べてみたいです。

表面にうっすい皮がついているのですが、粒あんをそのまま食べているような感じなので、粒あんよりもこしあんが好きな私はあまりこれを食べません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
黒ウィズクイズ
この記事を書いたひと
こぎけに

3度の心臓手術と合併症の脳梗塞を経験し、身体を大きく壊したが自由な時間を手に入れる。日々プレイしたゲームやリハビリの記録をこのブログに記録。体調を崩すと更新が止まりますが更新できる限りは続けていきたいと思っています。

こぎけにをフォローする
こぎけにをフォローする
ぴょししふぁいど
タイトルとURLをコピーしました